« もうじき明日 | トップページ | ひとときの豪雨 »

2007年9月24日 (月)

北陸号

Img_4163 先日の信越線全通で復活した寝台特急北陸号、久しぶりに乗ってきました。祝日の日帰り出張の強行軍。糸魚川発0:08で、東京には6時台に到着です。

 北陸号がないと、朝イチ東京は、朝5:29発急行きたぐにで直江津へ行き、ほくほく線快速で越後湯沢まで。そこから新幹線で9時ちょっと前着というのが一番はやい接続なのですが、そのきたぐに号も信越線が駄目だったときは運休。結局朝イチ東京は前日泊ということになっていました。

 復活してくれたおかげで、ちゃんと当日入りができる・・・のは、かえって日程的にはしんどいのだけど(笑)、でも、選択肢が増えるのは、やっぱりありがたいのです。

 そんなわけで、相変わらずのJR浴衣と、「めだかの兄妹」状態の細い寝具を1枚。国鉄時代は、浴衣ってどんなデザインだったんでしょうか。

« もうじき明日 | トップページ | ひとときの豪雨 »

まち」カテゴリの記事

コメント

すごいですね=!
自分だけのお城って感じです。
私も今度挑戦してみます。

でも仕事持っていくにしても手がぶれちゃわないか心配。。

 コメントさんきゅーです。
 昔あこがれた「ブルートレイン」の世代の電車なので、だいぶ古いですけど、旅情はそそられます。ただ、相当揺れるので、書き物はできないと思いますよ。
 というか、パソコンのキーボード叩くのも、長いことやってると酔っちゃうので、最近はしないでさっさと寝ちゃうことにしてますんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸号:

« もうじき明日 | トップページ | ひとときの豪雨 »