« 台風が来るのに | トップページ | 僕の知りたいことは »

2007年9月 7日 (金)

台風一過とは

Img_3155_1000 ちょっといかなかった、すこし毒々しい感じの夕焼けは、一泊二日の出張から戻った糸魚川駅のもの。

 千葉では、深夜に台風の暴風圏が通過。ホテルのユニットバスの換気扇の口から、外の強い風の音が聞こえてくるくらいの大暴れ。翌朝のニュースを見ると、市内での停電などもあったようで、あらためて、上陸したばかりで力を放ってない台風の怖さを実感してしまいました。被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

 戻ってくると、「フェーン現象で暑い一日だったね」ということ。前に広島まで車ででかけたときに、「下関200km」の標識を見たときとはまた違った意味で、日本って、広いなと感じた一日でもありました。

 しかし、徐行している電車の近くを自転車が追い抜いていくというのも、不思議な体験だったな、うん。

« 台風が来るのに | トップページ | 僕の知りたいことは »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過とは:

« 台風が来るのに | トップページ | 僕の知りたいことは »