« あれ?まちがえたかな | トップページ | はなしたいこと »

2007年8月 2日 (木)

この竿、なんでしょう~ふたたび

Img_2425 今年の5月にここで紹介した、この竿、なんでしょう の竿ですが、昨日ふとみたところ、なんだか紙が。

 神社で玉串とか、注連縄とかにつけるような折り方の紙ですから、この竿も、なにか神事のためのものなんでしょうか。

 とりあえず、一歩前進。でも、まだわからない。

 場所は、R148沿い、きときと寿司とシャトレーゼの間の小道の脇です。見かけた方は、ぜひ一緒に悩んでください(笑)。

 8/4追記

 その後、このブログを見てくださった方から教えていただきました。このあたりの農区の方たちの神事のためのもので、「お祓いの力が遠くまで届くように」なんだそうです。この農区の人たちの中には、寺島の新しい消防署のあたりを耕作されている方たちもおられるそうで、住む場所だけでなく、遠くまで見渡せるようにという高い竿なんですね。

 こういう神事の「願う」こと。そこにつながる人間がどうにもできない部分への畏敬の念。そういう気持ちに、僕は共感してしまう。そして、この竿の先からお祓いの効果が届くかどうかよりも、そう願う気持ちを多くの人が持つことのほうが、きっと大切なことなのだろうなと、思ってしまうのです。

« あれ?まちがえたかな | トップページ | はなしたいこと »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この竿、なんでしょう~ふたたび:

« あれ?まちがえたかな | トップページ | はなしたいこと »