« 素晴らしきラジオ体操 | トップページ | 世をはかなんで »

2007年8月12日 (日)

プール

Img_2553 美しいビーチといえば、遠浅の海に白い砂浜が広がるもの。テトラポットなど海岸の砂をまもるための埋めモノは、無粋なものとして嫌われます。

 でも、それが逆にメリットになっているところもあるのです。

 ここは、ウチの近所の青海臨海公園近くの海。砂浜保全のためのテトラポットが沖にではなく、海岸線のあたりにあります。それが、場所によっては写真のように、海岸とテトラポットで囲まれた、「海のプール」のようになっていて、小さい子どもたちの水遊びの格好の場所になっているのです。

 大人は、短パンにビーチサンダル。幼児くらいの子どもは、水着に浮き輪、場合によっては水中メガネなどの「完全装備」。沖にながされることもなく、足もきちんとついて、でも、波はテトラポットの間を通ってやってきて、海っぽさを感じられる。足下に埋まっているポットには、海草もついている。

 子ども連れには、なかなかの穴場なんじゃないでしょうか。「浜茶屋」(日本海側では海の家がこう呼ばれることが多いです)のない、ごく普通の海ですが、ぜひ。

« 素晴らしきラジオ体操 | トップページ | 世をはかなんで »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プール:

« 素晴らしきラジオ体操 | トップページ | 世をはかなんで »