« すっくと立つ | トップページ | 鍾乳石? »

2007年7月 9日 (月)

一週間後のこと

Img_1494 7/1の日曜日は、地域総出で早朝から、海岸清掃。大きな穴を掘った準備風景は前にも紹介しましたが、ペットボトル、缶の類まで、ものすごい量ののゴミを拾い、流木を埋めました。

 そして、先週末。

 子供を連れて海に遊びに行ったら、やっぱりあるんですね。大量のビール缶、使い残しを瓶ごと捨ててあるコショウや焼き肉のタレ。

 中には、ちょっと海が荒れた時に流れ着いたような、ずいぶん傷んだものもあったので、これは仕方がないんだけど、どう見ても、「昨晩の宴会」の跡というのがいくつもあって、なんだか悲しい気持ちになってしまいました。

 最近「モンスターペアレンツ」が、学校で話題になっているとか。学校に信じられないようなことでクレームをいれてくる困った親のことをそう呼ぶのだそうだけど、そういった人たちが増えてきた原因の一つに、「子育ては学校と家庭、地域でちからをあわせてやる」という意識が薄れて、自らが「受益者」だという意識が強くなってきているということがあるんだとか。

 「夏の海」も、そうなのかな。観光客としてやってきて「くださる」方たちは、この海を「受益」するためのリソースとしてしか見なしていない。でも、それって、悲しくないか?。

 糸魚川に遊びにきてくれる、たくさんの人たちを、僕らは歓迎して迎えたいのです。だから、僕らがあなたたちを軽蔑してしまうようなことは、しないでほしい。

 僕らも、あなたたちも、「きれいで気持ちがいい海」を一緒に楽しむための仲間だと考えてほしい。僕らがサービス提供者で、あなたたちが受益者というような、ツマらない関係ではなく、ね。

« すっくと立つ | トップページ | 鍾乳石? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一週間後のこと:

« すっくと立つ | トップページ | 鍾乳石? »