« 踏切 | トップページ | すっくと立つ »

2007年7月 7日 (土)

失敗のあとに

Img_1434 七夕の日の午後、北信越BCリーグの糸魚川での2回目の試合、石川vs新潟が行われました。

 ここのところ、引き分けをはさんで11連敗と苦しい結果が続いているアルビレックス。序盤で先制されると、「またか」と重い雰囲気になるかと思えば、「野球が来る」ということ自体に浮かれ気味の糸魚川市民には、それもまた、わくわくの一つ。たこ焼きのお店には行列ができ、みんながサーティワンのカップを抱え、ラーメンは早々に売り切れになるなか、試合は進んでいくのです。

 今日の試合で印象的だったのは、ちょくちょく起きる走塁ミスと、そのあとのリカバリー。

 ランナーが出ているところでの判断ミスで、挟殺プレーになってしまうことが多く、そこがきちんとしていれば大量得点も可能だったかもしれないという意味では、残念なのだけれど、挟殺プレーになるときちんとその間に他のランナーが進塁して(時にはホームを踏んで!)、それが1点になっていた。そういう意味では、失敗をきちんと取り戻したいと思う集中力が、きっとあるんだろうなと。

 試合は、終盤粘られてかなり苦しい思いをしたものの、結果的にきちんと押さえて久しぶりの勝ち試合。楽しい試合でした。

 今年は糸魚川での試合はもうない予定だけど、週末の連休は中野あたりのゲームにいてみようかななどと思っています。ちなみに、試合日程はこちら

 七夕飾りがいっぱいのスタジアムってのも、いいもんですね。

« 踏切 | トップページ | すっくと立つ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗のあとに:

« 踏切 | トップページ | すっくと立つ »