« この竿、なんでしょう | トップページ | うまれてはじめて »

2007年5月 9日 (水)

クロロフィル

Img_0130 4/19の桜並木は、僕が自転車で通勤するときはいつも通る道の途中にあります。

 わずか半月で、もうご覧の通り。木々はまだまだ若い桜ばかりですが、枝という枝から葉が茂って、うっそうとした雰囲気になっています。

 下草もどんどん伸びてきて、みんな緑色。印象としては、ずいぶん混み合った感じになりました。

 さて。

 植物が酸素をはき出す「光合成」。これは、地中から吸い上げた無機物に、空気中の二酸化炭素から炭素を分捕って、自分を太らせた副産物として、酸素を捨ててている営み。つまり、植物の体積が大きくなること=空気中の炭素を植物に固定してしまうことなのだそうです。

 そうなると、どんどんと葉っぱが増え、下草も伸び、増殖している緑っていうのは、まさに、酸素放出中なんだなぁなどと、考えてしまうのでした。

 桜は、剪定で枝の形を切りそろえたりといったことが、他の観賞木よりは少ない木ではないかと思います。がんばって、成長してもらわなきゃ。

« この竿、なんでしょう | トップページ | うまれてはじめて »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロロフィル:

« この竿、なんでしょう | トップページ | うまれてはじめて »