« お知らせしたい・・・とき | トップページ | ここでいっぷく »

2007年5月19日 (土)

名残

Img_0370 いつのまにか、金子つつじ園のつつじたちは、盛りを過ぎてしまったようで、一足遅れたか・・・と、少し寂しく思いながら、1枚。

 でも、相変わらず、見上げる斜面一面に、すべて咲き誇っている様子は、本当に壮観です。これが、ふつうの人のお宅で、そのお宅の方が手入れしてることを思うと、本当に頭が下がります。

 斜面の途中にある木の切り株のベンチでふと一息ついて下を見下ろすと、そこに広がるのは、糸魚川のまち。一の宮のお宮さんのまわりのうっそうとした緑も、新しくそのうちできそうな大きな居酒屋さんも、そして、海の上を走る大きな船まで。

 「ここからも、海が見えるのか」。ちょっと登ったところから見下ろして、気づくと、いつもなんだか得した気持ちになるのは、海の近くで生まれた人間ならではなのかもしれませんね。

 そういえば、月不見の池の藤も、時機を逸してしまいました。まだ、咲いているもんでしょうか。

« お知らせしたい・・・とき | トップページ | ここでいっぷく »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残:

« お知らせしたい・・・とき | トップページ | ここでいっぷく »