« 第三のアルビ | トップページ | そろそろ満開 »

2007年4月10日 (火)

赤いろうそく

Img_9479_1000 お隣上越市は、「赤いろうそくと人魚」の小川未明のゆかりの地・・・なんてこととはあまり関係なく、姫川港西埠頭のさきっぽにある灯台は、いつもなんだか赤いろうそくのように見えてしまいます。

 今日の1枚は、美山公園からの坂をほんの少し下って、北陸自動車道の上をわたる橋のあたりから海を見たもの。黄砂ですこしかすんだ向こう、ここにも、例の「赤いろうそく」が写っています。

 海が見える。それは、海のすぐ近くに住む僕にとっては、とてもあたりまえのこと。だから、海が見えたからといって、とくになにも思わないのだけれど、山のなかで、突然海がのぞくと、なんだかあっと思う。そして、美山公園から帰る途中、視界がぱっとひらけたとたんに、まっすぐの道、眼下に糸魚川のまちがあり、海や、灯台や、今姫川港から出て行った船も見えたりすると、なんとなくいつも「!」と思う。

 今度、もうすこし空気の澄んだ時期の青空の日に、同じ場所でもう一回撮って、ここに載せたいと思います。

« 第三のアルビ | トップページ | そろそろ満開 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤いろうそく:

« 第三のアルビ | トップページ | そろそろ満開 »