« そろそろ満開 | トップページ | TUNNEL »

2007年4月12日 (木)

夢のディーンドライブ

Img_95051

 駐車場のすぐ横の電柱。重要配線が集まっているせいか、倒れないようにということか、ワイヤーが何本かかけられています。

 このワイヤーのうち1本に、つるを絡ませて猛烈に空を目指している草。これを見て、 ふと思い出したのは、「反重力装置」として1956年にアメリカで特許登録された、ディーンドライブなる装置でした。

 スイッチを入れると、「重力に逆らって」どんどんと自分自身を上に押し上げていくという、偏重心おもりを組み合わせたこの装置、実は単なる柱上りおもちゃのようなもので、磁石がすいつく鉄の柱の上まで上ってしまったら、それより上にはいけないものでした。つまり、「反重力」でもなんでもないインチキでした。

 最近、岩手県議会で堂々とUFOの来訪対策について質問した、ザ・グレート・サスケ元県議が知事選で落選していましたが(しかし、限られた質問時間しかない中、あえてこういうことに質問機会を浪費するような感覚の持ち主が行政問題の解決に当たることができるとは到底思えないので、とりあえず安心(笑))、こういった超科学やUFOものの話、うさんくささ一杯なのだけれど、きっとやっているひとは、壮大なロマンを感じていたりするのでしょうね。

 あともう数mのびてしまえば、もうそこまで。彼がからまっているのは、大木ではなく、あるところでぷつんとなくなってしまうただのワイヤー。そこまでしか上れないのは、柱の高さまでしか上れないディーンドライブとなにもかわらないのだけれど、きっと、もっともっと、空たかくまで、上っていけると、ヤツは思いながらいっぱいに陽をあびているんじゃないのかな。そんなことを思ったひとときなのでした

« そろそろ満開 | トップページ | TUNNEL »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢のディーンドライブ:

« そろそろ満開 | トップページ | TUNNEL »