« 作物の花 | トップページ | ぜんぶたべられる »

2007年1月21日 (日)

明日の天気は

Img_8123 ウチの娘は「そらのずかん」という本が大好きで、しょっちゅう眺めてはにこにこしています。その中に、「こんな空のときは、こんな天気」という例がいくつか紹介されていて、その中のひとつが「飛行機雲が長くのびたら、明日は雨」。

 久しぶりに二日続いた青空に、長く長く続いていく飛行機雲。そうか、明日は天気よくないのか。そういえば、昨日は夕方に、とても短い飛行機雲をひっさげて向こうに飛んでいく飛行機が、まるで下に向かって飛んでいくように見えて、「テポドン?」なんて笑えない冗談を言っていたりもしたのでした。確かに、短い飛行機雲だった。そして、今日も、晴れ。

 仕組みとしては、水蒸気が少ない空を切り裂いて飛んでも、雲はそれほど強くできないということなのだと思います。水分をたくさん含んだ湿度の高い空気が空に蔓延していると、やがて雲が増えてきて、雨が降ったりする。飛行機は、そのリトマス試験紙みたいなものなのかな、などと、勝手に考えて納得したりしています。

 明日は、冬空がやってくるのかな。確かに、晴れるとうれしい。今日は布団も干してしまったから、気持ちよく眠れるとも思うけれど、冬がこれじゃ、やっぱりすこし、おかしいようにも思うしね。晴れるとうれしいこの雪国特有の気持ちは、やっぱり、雪に閉じこめられる日々あってこそのもの。だから、多少の雪がないと、この気持ちもなくなってしまうのかもしれないな。そんな風に思うのです。

« 作物の花 | トップページ | ぜんぶたべられる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日の天気は:

« 作物の花 | トップページ | ぜんぶたべられる »