2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

こんな写真を撮っています

« ここいらへん | トップページ | ここから糸魚川 »

2006年12月18日 (月)

雷鳴

Img_7374_1200 久しぶりに夜雪が降りました。先週末には安塚のキューピットバレースキー場もオープン。市内のシーサイドバレーシャルマン火打も、これでオープンが見えてくるのかな?。

 夜の雪は、雷とともに。とどろくような音だったり、なにかを引きずるような音だったり。この季節特有のこの音に、いわゆる「タビ」のカミさんや、子どもはなかなか慣れないようです。

 それにしても、昨日は午後から晴れ上がり、寒いけれどいい天気でした。おとといの土曜日もいい天気だったこともあって、町中どこからか「カラン」と金属の乾いた音が。この音は、この季節の風物詩。なんの音かというと、十字レンチを道路に置く(落とす?)音なのです。

 雪が降ると、車のタイヤは夏用のものから、スタッドレスタイヤに交換します。一人一台な田舎町のこと、3台とか4台のタイヤを交換する家も、それほどめずらしいわけではありません。車がそれほど通らないのをいいことに、家の前の道路に車を出し、ジャッキアップして1台ずつタイヤを代えていく。その時に、タイヤからナットを抜いたり、締めたりしたあとにレンチを置くときの「カラン」。

 別にうるさいわけではないのだけれど、天気のいい土曜日や日曜日に、どこからともなく聞こえてくるこの澄んだ金属の音、僕はけっこう好きなのです。

 さて、今日は雷鳴とは言っても雷の写真ではなくて、道路を行く車のライトでいたずらした写真です。でも、ちょっと雷のごろごろっぽいでしょ?(笑)。

« ここいらへん | トップページ | ここから糸魚川 »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷鳴:

« ここいらへん | トップページ | ここから糸魚川 »