2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

« 食事中 | トップページ | とうとう、来た »

2006年12月 3日 (日)

つぐみん

Img_7165  昨晩の鳥の写真が載った記事を見て、家人に「だから、あれはつぐみん」と言われてしまいました。おぼえられるだろうか・・・。

 というわけで、「つぐみん」という鳥がいるわけではなく、この鳥は、ツグミという鳥なんだそうです。で、なぜつぐみんなどと呼ばれているかといえば、それは、今年一年間我が家でおおいに愛読された、とりぱん というマンガに出てくるツグミが「つぐみん」だから。

 北東北のとある県に住む女性が、庭先に鳥の餌場を作って、集まってくる鳥を観察している。そんな生活が、そのまま大いなるエンターティメントになってしまう。田舎に住んでいて、田舎でいることに慣れきっている自分にとっては、なんだかこういう田舎の提示方法があるのかって、あらためて驚いてしまいました・・・ってそんな大げさに言うようなことじゃないですね。単に、「あるある」っていうヤツです。しかも、現在進行形の「ある、ある」じゃなくて、昔、ハナたらして遊んでいた頃の「あった、あった」という、ちょっと振り返った記憶の中の、シンパシー。

 先日、ドラマ「セーラー服と機関銃」の最終回で、殺されてしまった登場人物が持っていた名刺に、架空の糸魚川の不動産会社の住所が印刷されていたのが、町なかでちょっとした話題になりました。前のドラマは「ひとつ屋根の下」で、その前はというと、「ムー一族」あたりまでさかのぼるらしい、芸能人と縁のないこの町ならではの騒ぎですが、飛び込みでマンション販売の営業をする堤真一のシーンに「糸魚川には分譲マンション、1個しかないもんね。賃貸いれても、3つだもんね」なんて笑い話が出るような、眠っている町。でも、そういう町にもきっと、とりぱんみたいな日々に「!」を感じてる人もいるんじゃないか。そして、他の町のひとが、ヘンに気取った都会の猿まねではなく、田舎そのものをそのまま(もちろん、作者自身の魔法の粉をふりかけてあるわけですが)差し出して、エンターティメントにしてしまったということに、ちょっとした悔しさも感じたりするのです。

<とりぱんのリンクは、楽天ブックスへのアフィリエイトになっています。>

« 食事中 | トップページ | とうとう、来た »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぐみん:

« 食事中 | トップページ | とうとう、来た »