« つづいているということの安心感 | トップページ | 降ったり止んだり »

2006年11月13日 (月)

初雪の日

Img_6947  昨日、高速道路を上越方面へと走っていたら、突然ばちばちと音をたてて白いものが。初雪というより、あられのようなものだったのだけど、急に路面が白くなってしまいました。そして、前の車がハザードランプ。なんだろなと思っていたら、ぐしゃっと潰れた車と、はずれて転がったバンパー。ぞっとする一瞬でした。

 雪道の運転は毎年やっているから、慣れているはず。でも、シーズンはじめはどうしても、あの感覚がもどってくるまで時間がかかるから、路面がうっすら白い時に急ブレーキ踏んで思ったより滑ってどきっとしたり、下り坂の圧雪で止まれずに交差点直前でくるんと半回転したり、一つ間違えると事故につながりそうなことを何回かやってしまう。ブレーキに入るタイミング自体、変えないといけないわけで、注意しなくちゃ。こう思い直すのも、一種の冬支度。

 さて、今日はうってかわって青空。レンガ車庫の横を通りかかったら、中には鉄道ファンなら泣いて喜びそうな除雪車が2台。本格的な冬を前にして、整備中なんですね。これもまた、冬支度。

 本格的な冬は、もう少し待ってほしいのだけれど。

« つづいているということの安心感 | トップページ | 降ったり止んだり »

れんが車庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初雪の日:

» 試運転で見たe233系の内装 [e233系 JR東日本のあとだしジャンケン]
e233系はJR東日本のユーザーアンケートを反映して設計された、いいとこ取りの電車。e233系の最新を紹介します。 [続きを読む]

« つづいているということの安心感 | トップページ | 降ったり止んだり »