« 降ったり止んだり | トップページ | 干す! »

2006年11月15日 (水)

透明な片足

Img_6955  普段はスズメかカラスしかとまっていない電線に、最近いろいろな鳥がとまるようになってきて、楽しいです。これも、渡り鳥なのかなぁなどと、鳥のことを全然しらない僕は、あいかわらず種類を調べもせずに、考えていたりします。

 今日も、駐車場から職場へと歩く道すがら、白いおおきな鳥が電線にとまっているのを見つけて、一枚。

 その時は気づかなかったのだけれど、あとで見てみると、どうみても足が一本しかない。この写真だけじゃなくて、反対方向から撮ったものも、何枚か見比べてみても、やっぱりない。

 調べてみると、片足でとまる野鳥というのは、実はありふれた存在なのだそうです。なにかの理由で足を一本失って、でもちゃんと暮らしている連中。なかなか逞しいじゃねぇか。なんだか、知らなかったこういうことを知るのって、勇気がもらえる感じで、とても、うれしい。

 で、話はもどって今日の「彼」。違うアングルの写真なんかを見てみても、片足だからっていうバランスで立ってない。二本足でしっかり電線をつかんでいる、その片方がたまたま透明になっているかのような、見事なスタイル。きっと、すごく強い脚力なんだろうな。

 願わくば、この片足が失われた理由が、人間のせいではなく、「ごくありふれた」日常の生存競争の結果であってくれればなどと、虫のいいことを思ってしまった僕なのでありました。

« 降ったり止んだり | トップページ | 干す! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透明な片足:

« 降ったり止んだり | トップページ | 干す! »