2023年12月31日 (日)

神棚を掃除して

2o2a8673-1

 昨日の餅つきに続いて、今日の神棚の掃除もこどもたち主体にやってもらいました。
 「長男だから」なんてケチくさいこと言わず、男女とりまぜて一緒に、どちらでもできるようにおぼえてもらおう…といっても、親も毎年しめ縄やお札についている説明を見ながらやっているので、子どもたちとは大差ないのですが。

 高いところにしめ縄をつけていくのは、そろそろ50肩で腕が上がりにくい親よりも、ずいぶん身長の伸びてきた子どものほうがラクにできるようで、このあと松を飾り榊を挿して、鏡餅と準備は進んでいきます。

 ぎりぎりまで仕事していたこともあって、あんまり気分は盛り上がりませんが、そうはいってももうじきお正月。
 こたつでくつろぐために、みかんや水ようかんも箱で買ってきました。さあ、お正月だ!。

 そんなこんなで、今年もいろいろお世話になりました。
 新しい年もよろしくおねがいいたします。

2023年12月30日 (土)

今年ももちつき

2o2a8671

 以前のように、二回に分けて一斗以上ということはさすがになくなったけれど、今年も鏡餅と伸し餅の白、豆、草を拵えました。
 豆餅は黒豆。場所によって枝豆だったり落花生だったりいろいろだそうで、栃木の親戚から頂いた青のりの入った落花生のヤツはかみ心地がとても心地よくて「こういう手もあるのか」と思ったりもしたのだけれど、家で拵えるときはやっぱり「いつも通り」になっちゃう。このあたりは「年越しの節目に拵えるもの」だからなのかもしれません。

 今年は、餅米の蒸し具合をコドモに教えて、半分くらいの工程をコドモにやらせました。
 丸めたりのばしたりがたのしいコドモの体験じゃなくて、だんだんと首謀者になっていってほしい。そんな思いも込めて。
 さて、あと一日。今日もおつかれさまでした。

2023年12月29日 (金)

通い瓶の雪見酒

2o2a8669

 ひさしぶりに根知の豊醸蔵にいってきました。
 ここにいくと純米を通い瓶で買うことができるので、空いた瓶を持っていったのだけれど、冷蔵庫をのぞくといつもの純米以外に雪見酒や原酒の通い瓶も。雪見酒はこの季節限定の根知男山の人気のお酒。というわけでさっそく雪見酒も購入。ウチにある通い瓶が1本増えました。

 家に戻ると雪はないけれど、年末年始、すこし雪がちらついたら、この青い瓶の雪見酒を飲もうかな。

 というわけで、20本限定だそうです。
 通い瓶で雪見酒をやりたい方は、ぜひ豊醸蔵へ。

2023年12月28日 (木)

仕事納めの夕方

P_20231228_162509

 めずらしく、終業時刻をまたずに最終日は一段落。駅の上から沈んでいく夕陽の色を見送りました。

 自分は、最近は「重要データはクラウド主体」「自分のPCはノートを持ち歩き、大きなモニタと良いキーボード・マウス・その他接続するドックは社ほか複数の仕事場所に置いて、ノートをつないでデスクトップ的に使う」というスタイルなので会社にはPCを常置していないのだけど、今日はもうPCを持ち込まないで済ませてしまいました。

 そして、この季節でも明るい時間には一段落。
 年末年始の積み残し仕事はありますが、それはそれとしていい一段落だな、と。

 今日が仕事納めの方も、そうでない方も、一年間おつかれさまでした。

2023年12月27日 (水)

ドキュメントの容積

P_20231227_111709

 そういえば、昔はついてくるマニュアルが分厚くて、読むのが大変だったなあ。
 会社の清掃で出てきたNetwareというサーバOSのマニュアルを捨てながら懐かしく思い出します。
 厚さ5cmくらいの本が何十冊も来て、まとめると本棚の一段分まるまるくらいになるドキュメント。今だとオンラインでの教育がけっこうあるのでマニュアルは必要なところを拾い読みするだけで済むことも多いのだけれど、このときは教育自体がめちゃくちゃ高かったので泣きながら読んだ覚えがあります。それでもこのバージョンは日本語だったからなんとかなったけれど、その分無茶な翻訳が多くて「原文みせろよ」とか思ったことも多かったなあ。

 ブラウン管のモニタ時代のフィルタのサンプルとか、いろんなものを今年は捨てました。
 まだ、物理的に捨てられるというのはラクなのかも。今やどんどんクラウドに貯まっていくデータのどれが必要なもので、どれがもう絶対に要らないものなのかの仕分けなんてやりようもなく、容量がいくら増えてもいいからため込んでいるけれど、一昔前のように「一杯になったら消す」時代だったら場所をあけるためにどれくらいの時間と手数を掛けなきゃいけないかと思うとぞっとします。
 今は「自分が見るべきモノだけ選択して見えるようにして、それ以外のものは必要に駆られたときに検索する」ようになっているから、自分のデータになっているけれど一度も見ていないものも数多くあるだけに「捨てられる量しかない」というこういう物理的な資料は、まだまだありがたいのかもしれません。

 そんなこんなで、仕事で市外にいくのもたぶん今年は今日でおしまい。
 明日掃除して、出社は一段落のはずです。
 そういえば、年末年始、客先が止まっているうちにやるリモートでのいろいろ作業も、以前に比べてすこし減りました。
 オンプレミスのメールサーバが、写真や動画満載の重い「あけおめメール」で飛ばないように監視するなんてことも、もう懐かしい話。

 すこしゆっくりする年末年始になると、いいなあ。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2023年12月26日 (火)

先週末は

P_20231223_100813edit

 それでも「あ、冬だな」という量の雪が降って、こんな風に蛇口が埋まったりするところもあったのに、すっかりとご近所の雪は消えてしまってサンダルで出歩いています。
 とはいえ、市内の2スキー場も、オープンが遅れていた根知のシーサイドバレーが明日オープンということでどこもそこそこ雪はやってきた様子。山にあって、里にないというのが、一番ありがたいです。

 んで。

 鯉がとうとういなくなってしまったので今年一年干していたうちの池。
 先週末の雪ですっかり蓋したような風情になり、それが溶けたらちゃんと満水になりました。
 こうやって、山にため込まれた雪が、春先からの水になるのだなあと実感する眺め。
 なんだか、雪国に50年以上住んでいても、あらためて思うことがあるというのは、面白いもんですね。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2023年12月25日 (月)

今年最終サンタ稼業

P_20231225_1039572

 今日は、ご近所幼稚園で中途半端なサンタのカッコで絵本。
 上半身だけ、ひげなしで「いつものえほんぱぱがサンタのカッコでやってきた」ていで出かけたのだけれど、自分の前にエプロンシアターをされる方が「サンタをあちこち探すけどみんなサンタじゃなくて、最後の最後に大声で呼び出すとサンタが出てくる」なお話をされたので、隠れていてあとから登場する形に。これなら「フル装備」で来ればよかったなあ(笑)。

 もう、この幼稚園から子どもが卒園して10年ちかくたちますが、自分ちの子がいないほうが、本読みにいくのはいろいろ楽しい気がします。そして、だんだんと「孫がかわいいのは、こういう気持ちなのかも」なんてことが想像できるようになってきて。

 そのうち、ひげもしろくなって、だんだんとサンタっぽい雰囲気が増えていくのかもしれません。
 公式サンタの体重は120kg以上だそうなので、そこまではいかないようにしないといけませんが。

 そんなこんなで、年内最終週の初日も終了。
 今日もおつかれさまでした。

«お休みの日