2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

こんな写真を撮っています

2018年12月14日 (金)

Example

P_20181214_145656

 中学校の頃、英語の授業ではリスニングのために先生が教室にモノラルスピーカーのでっかいラジカセをもってきて、テープの音声を聞かせてくれてました。
 "example , repeat after me..."なんていわれると、まだ小学生気分の残るわれわれは「へくさんぼ!」なんてでっかい声で言ってたりしたのを、50になるいまになっても気恥ずかしく思い出すんだよなあ。

 50といえば、今シーズン、市内のスキー場では50歳以上の大人はレンタルスキーのセットが1日1,000円。ウェアまで全部借りても2,000円というキャンペーンをやるそうです。
 ウェアもあるし、スキーもあるけれど、このポスターを見て「そうか、ぼかあ『きっともうスキーなんてやらないジィサン、ひさしぶりにやってみるとたのしいかもよ』と呼びかけられる対象の年に、なっちゃったんだなあ」と妙にショックを感じてしまいました。オフクロが携帯電話の「シニア割引」にショックを受けていたのを、笑えないトシになってきたんだなあ。

 とはいえ、去年は家族に受験生がいたこともあって「スベらないように」なんて話しをしてたのだけれど、今シーズンは心置きなく、だな(笑)。

 そして、写真はポスターとガラスの間にはいりこんだ「へくさんぼ!」。ヤツらもあったかいところ探してうまくもぐりこみますねえ。

 そんなこんなで、おやすみなさい。

2018年12月13日 (木)

かがやくてっぺん

832a1887

 遠くにいくほど白くなる山。そして、日が短くなるに従って手前ははやく暗くなり、高いところには光りが残る。だから、こんな感じであっちの焼山だけ妙に白かったりする夕暮れです。
 空は概ね鉛色。でも、ちょこっと青いところがあると「ああ、青空だなあ」と思う。少しずつ、アタマが雪国モードに切り替わってきている。そんな気がします。

 さてさて、午後もあとひとがんばりの時間帯。もうじき、夕ゴハンだの晩酌だのの時間ですよ~。

2018年12月12日 (水)

センパイ載ってるよ

P_20181210_135916_1

 10月に創刊した新潟ローカルのアマチュアスポーツ専門誌、STANDARD新潟は、隔月刊なので今月第2号がでました。今月号では高校サッカーの特集があって、ご近所の学校のチームもポジション入りで掲載。
 上の子の同級生たちがこうやって「紙」で紹介されてるのは、なんだか感慨深かったなあ。
 下の世代はまたちがうのかもしれないけれど、僕らあたりだと、たとえば「テレビに映る」とか「雑誌や新聞に載る」っていうのには、ちょっと特別な感じがあります。

 そんなこんなで、コンビニなどでみかけます。廃刊にならないように、ぜひ買って応援してあげてください。そのうち、地元のチームや選手が大きく特集されたりすると、いいなあ。

 

2018年12月11日 (火)

立体感

832a1871

 昨晩は、雲もかかっていたけれど、あいている空はなかなかクリアで、そうかと思えば暮れたら雨があたっているのに月が出ていたりとなかなか不思議なソラでした。
 雪はすっかり消えて、初雪は一段落。今晩からは関東方面で降るという話もあって、そちらのみなさんもくれぐれもお気をつけください。

 雪の準備は、ある意味「集団防疫」。インフルエンザの予防接種といっしょで、自分がかかるかどうかもさることながら、ある程度以上の比率のひとがみんな準備していないと、だれかの準備不足が準備してる人たちを直撃したりもするもの。ひとりでスタッドレスタイヤはいてても、はんぶんくらいが夏タイヤだったら、ある程度降ればあちこちで車はスタックして収拾がつかなくなったりもします。
 だから、準備がつかなくて降っちゃったときは、たまにのんびり休むと、いいんじゃないかなあ(笑)。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。おやすみなさい。

2018年12月10日 (月)

可視化

832a1865

 日頃は残らない足跡も、雪の上では残ります。
 ちょうど並んで歩くくらいの跡。大きな足跡はひとで、もっと消えている方は「よろこびにわかけまわる」犬か。そんなわけないよね(笑)。

 平年より○日遅い…という冠があちこちでついていた初雪。一回降ると、あきらめがつく。もう冬なんだな。そんな気分の雪。だけど、その間からは、まだ黄色くなっていない、青い草がいっぱい出ていて「まだですぜ」と言ってる。そんな悪あがきも、いいなと思うワタクシなのです。
 今日もおつかれさまでした。

2018年12月 9日 (日)

三度目の正直

P_20181209_112225

 山の三度目の雪は、里の一回目と同時来訪。
 今日は美山でコドモのサッカーの試合だったのだけれど、駐車場は早速ワイパーを起こす車が並び、気温が高いからどんどん積もるということはないものの、あたりは真っ白に。明日の朝まで雪模様ということで、きっとまた寒いんだろうなあ、と。

 そんなこんなで、今日はみなさん、あったかくしてお休みください。
 おやすみなさい。

2018年12月 8日 (土)

二回目

832a1855

 今朝、起きたときには雲に包まれていた黒姫山ですが、だんだんと姿を現してきました。そして、だいぶ消えていた雪がまた復活し、かなり下まで真っ白。黒姫二回目の雪です。

 そして、その後所用で柿崎あたりまでいったら、一面真っ白。トンネル入り口では「出口ユキ注意」なんて表示もあって、ああ、冬だなあとあらためて実感。急に、電光掲示板の冬タイヤ着用を促す表示も、表現が強くなりました。
 そんなわけで、ウチのタイヤ交換してなかった車も、今日の午前中にすべて作業完了。タイヤがずいぶん減っていたのに気付いてしまったのが一台あるので、これはそのうち晴れている平日にでも、車やさんでかえてもらうことにして、さしあたり今日はこれでいいことに。

 冬支度万端。あとは「それなりの」冬でおさまってくれると、いいなあ。

«海が鮮やかなのは