2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

2021年9月17日 (金)

最終日の夜

P9169291

 新潟県独自警報最終日。
 時刻は20:23。

 まだ、普段なら糸小のナイター設備は煌々とグラウンドを照らしていて、小学生がボールを追って走り回っているはずの木曜日。
 ウォーキングのひとは見かけますが、既にお酒を出すお店の自粛時間帯でもあり、まちを歩くひとはまばら。

 県の資料によると、8/31-9/16の間の糸魚川市の検査陽性者は6例。この直前に学校絡みで少し出たものの、期間中は静かなものでした。
 自粛したからこの件数だったのか、もとよりこの件数なのだから糸魚川にこの対策を打つことはリスクとベネフィットを考えて損が多かったんじゃないか。いろんな捉え方はあるとは思います。

 今日は金曜日。
 今晩は少しは人はまちに出てくるんでしょうか。

 おはようございます。

2021年9月16日 (木)

シケイン河口

P9179296

 姫川河口の出口あたりにうっすらと浮き上がってきていた「シマ」が、はっきりと右岸から突き出た「半島」の形になって浮かび上がってきました。
 姫川は、サーキットのシケインのように最後にS字に蛇行して、西に向かって海に流れ込んでいます。

 この夏、ここまではっきりと「半島」が出てきたのははじめて。
 そして、週末は台風。
 通り過ぎたあとにどんな形になっているのか。

 川の水量が勝てば、まっすぐ押し流されてここは流出。
 押し寄せる波が強ければ、流されてくる川の水と挟まれながらここがさらに盛り上がるのかも。

 週明けが楽しみです。
 荒れると、石拾いの方も増えるもの。荒れているうちはあまり海に近づかず、安全に気をつけて石拾いをお楽しみください。
 そういえば、フォッサマグナミュージアムも今日で閉館期間終了ですね。

 おやすみなさい。

2021年9月15日 (水)

空がそんなに青いはずがない

832a9646

 スターダストレビューの曲で、そんなタイトルの曲がありました。
 今日はその反対。
 夕焼けが真っ赤に焼けて沈むその瞬間でも、空が全部赤いわけじゃない。ちゃんと青空もあり、赤いところも、雲の影の黒い怪しさも、ある。
 いろいろあるのが、夕景。ただただ赤い夕陽もきれいだけれど、こういう夕陽を見ると、ああ、夕陽だなあと思う。そんなワタクシなのです。

 個人的には「なぜ?」と思っていた新潟県独自の全域への警報が予定通り9/16で解除になることが発表され、お酒を出すお店の営業短縮要請も終わり、高校の部活動も再開になり、市内の体育施設などの閉鎖も明日で終わりになるようです。

 いいことだ。

 よくわからない状況で最大限の安全のため、効果が見込めることも不明なこともとにかくなんでもやってみる(やめてみる)という緊急時対応のフェーズはもうそろそろ終わりにして、この状況が長く続くという前提のもと、「平常時対応」として続けられる、効果の見込めることに絞ってやるようにシフトしていかないとね。そういう意味ではこれだけ広い、状況も場所によってちがいのある新潟での「県全域で一斉に同じ対策」なんてのは言語道断。二度とやらないでほしい。

 さて、少しずつあたらしい「普通」を作り出していくために。
 今日もお疲れさまでした。

2021年9月14日 (火)

JOE

832a9549

 まだ「うみがたり」になる前の直江津の水族館で人気者だったゴマフアザラシのジョー。
 ずっと水の中で立って、微動だにせずになにかを見ているあの姿は今でもときどき思い出します。
 海岸の流木が、どこかあのジョーの横顔に、似てる気がして一枚。

 うみがたりは、オープン当時に一回だけ。こんどは夕陽のきれいな晴れた日の夕方に、仕事のついでにふらりと立ち寄って、なかから海を眺めてみたいなあ。

 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

2021年9月13日 (月)

ヤツは呼んでいる

832a9535

 海の向こうに、なにかいるのかなあ。
 このトットコ岩のくちの「ぴよ」な感じ、ほんと好きなのです。
 季節によっては、沈む夕陽をくわえていたりもするしね(笑)。

 なんだか、ばたばたした週明けでした。
 おやすみなさい。

2021年9月12日 (日)

ここにも自転車が走れる歩道

Img_0013

 自転車は歩道ではなく車道を走るようにと言われるようになってずいぶん経ちますが、ご近所で自転車もOKな歩道は青海通り線だけだとずっと思っていました。
 海沿いのR8でも、この標識が出ているところ、あるんですねえ。
 昨日今日とけっこう躍起になって歩いています。心地よく歩ける陽気になったのは、ありがたいなあ。

 さて。

 県から、市内のCOVID-19検査陽性者の公表があったときの、15時前後の放送。
 あれ、もう止めませんか?と思っています。

 もちろん、公表される情報は、きちんと公表していただいたほうがいい。
 でも、市のサイトにも、県のサイトにもあり、ニュースにもなるので、知りたい人にとってはきちんと情報にあたることができる。
 一方で、たとえば「自分がそのひとと関わったかどうか知りたいから、どこの誰でここ数日どんな動きをしているか教えろ」と思う人はきっといるとは思うのだけれど、そんな情報は当たり前だけれど公表なんてされません。いろんなひとがヒソヒソする中で噂話のような話しが出てくるにしても「有用な情報」として、なにかに活用できるわけではない。

 ならば、なにも防災無線を使って「放送」でまで知らせる必要って、あるのだろうか。そう思ってしまうワタクシです。

 何度も何度も書いていますが、どんなに気をつけていても,感染するときは感染します。自分が注意することで、感染リスクを1/10とか1/100にすることはできる。でも、絶対にゼロにはできない。ならば、感染しないようにできる努力はして、その上で不幸にして感染してしまったひとに対しては「はやくよくなってね」。それだけのことだと思うのです。
 情報開示と「下世話な知りたがりへの忖度」の間には、距離があるはずです。そこを考えて、少し調整してくれればいいのにな、と。

 週末もそろそろ終わり。
 明日からまた、がんばりましょう。

2021年9月11日 (土)

鍾乳洞

Img_0005

 コンクリートも水には溶けて、つららができたりします。
 ご近所の道路下にて。ぽたんぽたんと垂れる水を眺めながら。
 これが、黒姫山の中にあるいろんな鍾乳洞のようになるまでには、どれくらい時間がかかるのだろう。

 ・・・と、サッカーの中継を見ていてしょんぼりしたあとに、憂さ晴らしに歩いています。
 明日はWEリーグの開幕戦。ビッグスワンは2日続いてホームゲームです。そちらもたのしみ。

 そんなこんなで、おやすみなさい。

«となりまちの、くわだて