2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2018年10月18日 (木)

初雪?

832a8914

 朝晩が寒くなったせいか、焼山の煙がとてもクリアに見えるようになってきました。
 昨日、家族が「焼山が少し白くなってたよ」といっていたので見たら、そのときは雲の中。
 今朝上の子を送っていく途中でみた、朝日が昇る中では噴煙ばかりが目立って雪はよくわからなかったのだけれど、でっかくしてみると確かに上の方に白いスジが見えなくもないような・・・。

 昨日は移動中のラジオで「今年は秋にソメイヨシノがあちこちで咲いている」なんて話もしていました。台風の塩害などではやく落葉すると、葉が関係している花芽が育つのを抑制するホルモンが薄くなって蕾が育ち始めるのだとか。ならば、ウチの四季咲きのはどうかなと思って見てみると、今年は葉がとても根性があって、だいぶ風にやられて傷みながらもまだ大量についています。花がまだなのは、そのせいなのかなと思ったりも。

 そして、夏からの朝顔は、落ちた種でまだまだ咲いています。なかなか季節感ってのは、おもしろいなと。

 そんなこんなで、おはようございます。

2018年10月17日 (水)

うみのいろはそらのいろ

P_20181016_120901_1

 昨日のお昼頃は、海へ正対する日差しがまっすぐに雲を照らし、それが海に写って、まさに「ああ、海の色って、空の色なんだなあ」と思うような、雲の幅だけ真っ白い海が見えました。
 「!」と思った方は多かったようで、Facebookのタイムラインに乗せておられる方の多いこと。
 そんなわけで、ワタクシもスマホ写真を、いちまい。
 今日は、ちゃんとカメラで写真が撮りたいなあ。でも、雨。
 みなさん、お昼はおいしかったでしょうか。では、午後からも!。

2018年10月16日 (火)

封筒にいれてチン

P_20181013_080755

 そういえば、「これは強すぎるからたくさんたべちゃダメ」って昔大人に言われた食べ物って、ありますよね。銀杏もそう。強精剤的なニュアンスのものもあれば、弱い毒があって中毒になっちゃうものもありますが「強すぎる」というのは、なんだか言い得て妙というか、ウマい言い方だなあとあらためて思います。

 というわけで、写真は田海川近くの松尾神社の鳥居のところ。青海方面から青中に通っている子は、この近くの地下道をくぐり、この横を通り抜けて学校にいくと思うのだけれど、今の時期はこのにおいに毎日悩まされてるのかな。においはすごいけれど、なんともウマそうに見える「果実」」なんですよねえ。

 そんなこんなで、これもまた秋の風景。自転車移動中のスマホでの写真です。
 おはようございます。

2018年10月15日 (月)

供給源

P_20181013_075950

 以前新幹線を作っていた方に教えていただいたのだけれど、JR西日本の区間では、新幹線の線路に降る雪は除雪車対応。こんな風に高架橋から下に落とす穴があいているんだとか。お聞きして以来、ついついそういう場所にいくと、このスキマからソラを見てしまいます。

 ここは、青海中学校横、中学校のビオトープへの入り口あたりなのだけれど、この場所にはなんだか変電設備みたいなのがあって、大量に電線が高架の上へとつながっています。
 ここからの「メシ」を喰って、新幹線は走っているんだなあ。
 先週も、朝ご近所の小学校で「朝読書」をやり、そのあと新幹線に乗って上京して打ち合わせ。夕方戻ってきて子どもを駅まで迎えに行くなんて日がありました。それができるくらい東京は近いのだけれど、それよりなにより「定時性をあてにできる」って、考えてみればすごいことだなあ。

 そんなこんなで、月曜日も午後にはいりました。
 あと半日、がんばりましょう。

2018年10月14日 (日)

海を見守る

Pa131663_1

 漁師町の神社。
 この界隈はウチの本家があるあたり。地名についている「鬼」は、実はロシア人だという説があるという話しを、きのうの青中チャレンジウォークで一緒に動いていた先生に教えて頂きました。ジオパーク巡検なるもので、そんな話しが出たことがあるんだとか。そして、ロシアの方のお墓も集落の中にあるとのこと。今度、調べてみよう。

 しかし「鬼」はひどいな(笑)。

 日本中の昔話で、けっこうそういう由来だと考えられているものはたくさんあるし、ドラえもんとかで未来から来たひとを鬼よばわりする場面もあるけれど「知らないヤツ」というのは、やっぱり怖いのだと思う。今でもそういう文脈で罵り合ったり敬遠したりすることも、あるものね。だとすれば「知ること」って、けっこう大事なことなんだなあとあらためて思ったりもしたチャレンジウォーク伴走なのです。

 ちなみに、チャレンジウォークは地元の青海中学校のイベントで、市中を最長40kmくらい歩いて学校に戻ってくるイベント。自転車で、おもに最後尾あたりを伴走するのは、いろいろあってなかなか楽しいのです。
 とはいえ、距離が長いこともあって途中の誘導など、保護者や先生だけでは手が足りないことも多いようです。のんびり時間が取れるかた、来年は手伝ってみると、楽しいかもしれませんよ。
 そして、今日も青空。なんだか、こういう秋空は、いいですね。
 おはようございます。

2018年10月13日 (土)

海沿い自転車

832a8889

 本日は、海沿いを能生まで久しぶりに自転車で往復。青海中の「チャレンジウォーク」の伴走です。たぶん、最後は最後尾の子と一緒に歩いて帰ってきます。
 たとえば、日P連の大会にかり出されたりすると「誰の役に立つんだ、コレ」とアタマに来るけれど、こういう手伝いは、たのしい(笑)。

 一日、晴れるといいですね。そんなこんなで、おはようございます。

2018年10月12日 (金)

翡翠色

P_20181012_091344

 行くときは毎週のように行く関東方面ですが、ここ数ヶ月はなぜかそんな用もなく2ヶ月ぶりくらいに今日は新幹線に乗っています。
 久しぶりに乗ると、気づくこともあるもの。
 列車が来たときだけ開いて転落防止するホームドア、列車到着時に「翡翠色のドアが開きましたら~」とと紹介していました。
 みどりいろ、じゃなくて、ひすいいろ、なのか。なんだか、いいなあ。
 そんなこんなで、そろそろお昼。みなさん、おいしいゴハンを。

«知らされてはいても