2023年2月 2日 (木)

ひとそれぞれ

2o2a1626

 雪と雨の大きなちがいの一つは「足跡が残る」こと。
 砂浜は風で飛ばされるし波にも洗われるのであまり雪が残らないのだけれど、それでも降った直後はこんな風に白く覆われて、海岸線までどこを通っていったのかが残ります。

 人が通ったところを踏襲していくひと。
 なんにもないところを走破するちっちゃい足跡はコドモかな?。
 まっすぐだったりあちこちうねっていたり。一緒にあるくわんこの足跡もありそうで。

 冬の日本海に波打ち際の近づこうと思うのも、おだやかな日ならではのこと。
 荒れない日は、いいなあ。

 そんなこんなで、今日もそろそろ夕暮れの時間がちかづいてきました。
 今日もおつかれさまでした。

2023年2月 1日 (水)

Sunset

2o2a1623

 あとどれくらい経つと、ここから眺める夕陽は海の方に沈むようになるのかな。
 調べてみると、この冬は
 ・冬至 12/22
 ・もっとも遅い日の出 1/7頃
 ・最もはやい日没 12/7頃
 ・ここから見て海に沈むようになる頃 2/10頃?
 のようです( https://hinode.pics/ を参考にさせてもらいました)。

 海に沈むようになるまで、あとほんのすこし待てばいいのだな。わかってしまうと、なんだかまた春を近く感じます。
 まあ、1月2月はまだまだ雪はあってあたりまえな時期なのだけれど、それでもどんどんと春を待つ気持ちがつのっていって、それが春祭りの頃に火が付くのだろうな、と、昔は「なんであんなに一生懸命なんだろ」と思っていたあちこちの春祭りに関わる人たちの気持ちがわかるようになってきたワタクシなのです。

 さて、今日の朝はいい天気。午後から荒れるそうですが、みなさんお気をつけください。
 おはようございます。


 

2023年1月31日 (火)

しめった雪

2o2a1619

 十日町あたりでは、かまくらを作ると湿った雪のせいで天井が落ちてしまったりするので壁だけ作り上に竹などで屋根をつくるかわった形の雪洞窟があるんだとか。海岸近いうちのあたりの雪も先週の低温サラサラのは珍しく、本来はこんなふうに枝や電線にたっぷりとまとわりつくようなものです。

 日々、晴れたり雪がちらついたりの繰り返しだけれど、昨日はひさしぶりに夜のウチに家の前を除雪車が通ってくれるような夜に音もなく降る雪が明けた朝でした。

 ほんとうに、半日交替のようにかわる天気だなあ。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

 

2023年1月30日 (月)

シャンツェ

2o2a1607

 田海のあたりで黒姫を眺めていると、お寺の屋根の雪も滑り落ちているところと残っているところがまだらでシマシマ。
 まんなかのところなんて、まるでスキーのジャンプ台みたいだなあ、と。

 遠くから見ると、上の方にカラスがいるように見えたのだけれど、よーく見てみるとちいさな雪割れでした。ここからまた、ざーーーっと落ちていくのかな。

 そんなこんなで週のはじまり。
 今日もおつかれさまでした。

2023年1月29日 (日)

外に、干す

2o2a1618

 静かでときどき「ぼすっ」という雪の落ちる音だけがする夜が明けると、ウチのあたりではこの冬一番の積雪。
 とはいってもせいぜいが15cmだか20cmだかくらいで、しかも広がる青空。
 車庫の上まで除雪して、そこに洗濯物。これができると「今日は天気いいなあ」としみじみ思います。

 お昼からは雪の予報だけれど、まだまだ明るい外。このままいい天気だと、いいなあ。
 そんなこんなでみなさん、たのしい午後を。

2023年1月28日 (土)

ふうわり雪

2o2a1581

 この感じが、ウチのあたりの雪だよなと思う。そんな降り方。
 今日は所用で能生方面に行ってきたのだけれど、おなじ海岸近くでも青海とは降り方がちがって、このあたりの微妙な海岸と山の角度の違いなど、気象条件のちがいをいろいろ考えてしまいました。

 明日のあんこう祭り糸魚川会場は、晴れるのかな。
 今日は、ひさしぶりに根知男山の通い瓶の中身をすこし舐めてから休みます。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2023年1月27日 (金)

日々黒姫

2o2a1577

 ようやくシーサイドバレースキー場の積雪が1mを超えたという知らせもありました。
 ここのところ雪模様は続いているものの、週の初めは経験したことのないような寒さと北海道のような粉雪。それがだんだんと粒の大きな見慣れた雪になったかと思えば、山雪の日、里雪浜雪の日といろいろあって、冬ってこうだよなと思い出すような日々です。

 今日は、子どもの修学旅行の説明会。
 COVID-19が大変というより、COVID-19の場合の対応(隔離とか、濃厚接触者とか...)のほうが大変な日々では、準備することがたくさんあって、やらないほうがラクなのは想像できます。でも、なんとかやろうとしてくれているのは、ありがたいな、と。そして、僕らも「普通の日々」を思い出していく必要があるのだなと思うのです。

 やっと週末。みなさん、あったかくして楽しい週末を。

«ようやくの0度超え